Xmasギフトはこちらからどうぞ

【WordPress】「プラグイン」のスリム化を目指す

早いもので「WordPress」を使用して、約4ヶ月過ぎました。
直近の約1ヶ月間は記事の作成と並行して、4つのことを重点的に取り組むようにしてきました。

  • プラグインのスリム化
  • SEO対策の強化
  • セキュリティの強化
  • バックアップの強化

今回は「プラグイン」のスリム化に取り組んできたことを記事にしてみました。

プラグインのスリム化

目的はなんと言っても、CSSで出来ることは任せて、動作を軽快にしたいから。
多いときで最高23個まで使用していましたが、現在16個までに減少。
プラグイン同士のコンフリクト(衝突)も避けたいし。
目標は15個以内に抑えることで、近い内に達成しそうです。
プラグイン一覧Part1
プラグイン一覧Part2

アンインストールした(予定も含む)プラグイン

SyntaxHighlighter Evolved

記事の中でソースコードを綺麗に表示できる「WordPress」プラグイン
特に何の不満もなく使用していましたが、今回スリム化の対象に。
GithubGist」で代用出来ることが分かったので、アンインストールしました。
GithubGist
この写真は私が使用している画面です。
「GithubGist」についての詳しい説明はこちらのブログでどうぞ。
コレを使えば、プラグイン無しでソースコードを表示できるというスグレモノ。
以前からネットでフッターに「by GitHub」と書かれたソースコードをちょくちょく見かけていて、気にはなっていました。
私はソースコードを書いた記事は2つしか無いので、移行は簡単に出来ましたが、記事数多い人はおいそれと「GithubGist」に映る訳にはいかないだろうな。
コードは「公開モード」と「シークレットモード」があり、どちらでも好きな方を選択できます。

Wordfence Security

脆弱性スキャンやファイヤーウォール、リアルタイムトラフィック、IPブロックなどの機能を含んでいるセキュリティプラグイン
とりあえず入れておくだけで安心できるプラグイン。
しかしながら重くなるのも事実。
現在「Jetpack」でどこまで代用できるか、とりあえず様子見。

Snippets

「functions.php」ファイルの編集・管理を便利にするプラグイン
以前「functions.php」の編集に失敗して、ブログを真っ白にしてしまった苦い経験があったので。
現在CSSの勉強中で、もう少し自信ついたらアンインストール予定。
現在2つ運用中ですが、どこのサイトか忘れてしまった笑
まぁどちらもコピペOKでコード記述していたので、ありがたく拝借しています。
Snippets

    記事を読むのにおおよその時間を表示
function show_estimated_reading_time($content) {
$wpm = 600;
$words = mb_strlen(strip_tags($content));
$min = floor($words / $wpm);
$sec = floor(($words % $wpm) / ($wpm / 60));
$tag = '
<div class="estimated-reading-time">読了時間: 約<span class="min">'.$min.'</span>分<span class="sec">'.$sec.'</span>秒</div>
';
return $tag . $content;
}
add_filter('the_content', 'show_estimated_reading_time');
投稿時「はてなブックマークへ投稿時にメール送信
//はてなブックマークへ投稿時にメール送信
function send_hatena($post_id) { $post = get_post($post_id); $url = get_permalink($post); $send_title = $post->post_title; wp_mail('eo75636je2@b.hatena.ne.jp ',$send_title,$url,'From:tooru.yasukawa@gmail.com' ); return; } add_action( 'publish_post', 'send_hatena', 1 ,6);

便利だけど、あまり頼りすぎてもいけないプラグインだと思う。
近い内に直接「functions.php」に貼り付けます。

TinyMCE Advanced

ビジュアルエディタ拡張機能
「WordPress」使っている人なら、知らない人はいないぐらい有名なプラグイン。
インストールした当初は、必須プラグインだと思っていた。
しかし「Ulysses」使いだしてからは、私の環境では特に必要なし。
ここがポイント
Ulysses はマークダウンで記述が出来て、そのまま「WordPress」に投稿出来るテキストエディタです
Ulyssesアイキャッチ画像【Ulysses】(ユリシーズ) WordPressに最適なMarkdownエディタ しいて必要なのはフォントサイズの変更くらい。
これも今の所必要ないので、また必要に迫られたら、再インストールするかも?

 Amazon Associates Link Builder

アマゾンアソシエイト公式のプラグイン
しばらく使用していましたが、「Rinker」で代用出来ることが分かったので、アンインストールしました。

Limit Login Attempts Reloaded

ログイン試行回数を設定して総当たり攻撃による不正アクセスを防ぐためのWodPressプラグイン
セキュリティー的に入れておいたほうが良いのだろうけど、「1password」でセキュリティーを強固にしているので、今のところは大丈夫と判断してアンインストールしました。

これで破られたら、仕方ないかな?
メジャーなブログなら必要なのでしょうが。
が、こんなことあからさまに書くと、もしかして狙われないか?
そうなったら、速攻入れ直します笑
「1password」については、こちらの記事もどうぞ
【1Password】パスワード管理アプリならこれで決まり!

Twitter Card

投稿時Twitterにカード付きで投稿してくれるプラグイン
「Jetpack」にこの機能があるので、アンインストールしました。

新しいプラグインも試してみた

BackWPup

バックアップ系のプラグインとして、今まで「UpdraftPlus」を使用していました。
ところが「サルワカさん」のブログみて、『BackWPup 』を試してみることに。
データファイルもバックアップ出来るし、何より設定がわかりやすい。
こちらに乗り換える予定です。

詳しい導入方法はこちらを参考にして下さい。

まとめ

「WordPress」を4ヶ月使って、一通り有名なプラグインは試した見たのですが、今のところこんな感じで落ち着いています。
もうすぐ「WordPress」も『Gutenberg』がメジャーリリースの予定だし、そうなると今後また入れ替わりがあるかも?
以上、お読みいただきありがとうございました。
こちらの記事も合わせてどうぞ
【WordPress】を1ヶ月あまり使ってみて気づいた事を書いてみました アイキャッチ画像【WordPress】プラグイン「Jetpack」は「デバッグモード」で最適化しましょう