「へぇ〜」「そうなんだ!」「なるほど」「あのブログなら書いてあるかも?」を目指してます

「ロリポップ」から「mix Host」へサーバー移転する時に気をつけたい9つのポイント

読了時間: 約341

先日レンタルサーバーを「ロリポップ」から「mix Host」に無事引っ越し完了しました。
事前の見積もりでは約3〜4時間で完了予定でしたが、肝心な時にパニクって(笑)結局ほぼ倍の8〜9時間かかってしまいました。
これからサーバー移転される方が私の二の舞を踏まないよう忘備録としてまとめてみました。

サーバ引っ越しの手順

ざっと次のようになります。
すでにドメインは取得してあることを前提に進めていきます。

  • 手順1
    All-in-One WP Migration(プラグイン)のインストール
  • 手順2
    バックアップを行う
  • 手順3
    FileZillaでロリポップFTPにアクセス
  • 手順4
    WordPress関連のデータをすべてダウンロード
  • 手順5
    MixHostでドメインの設定をする
  • 手順6
    ネームサーバーを変更する
  • 手順7
    MixHostでWordpressのインストールをする
  • 手順8
    All-in-One WP Migrationでデータのインポートをする
  • 手順9
    画像データをFileZillaでアップロードする
  • 手順10
    内容を確認して完了

All-in-One WP Migration(プラグイン)のインストール

今回キーポイントになるのはこのプラグインです。

手順1 All-in-One WP Migrationのインストール

All-in-One WP Migrationのインストール インストールして「有効化」します。

手順2 バックアップを行う

ファイルのエクスポート バックアップを行う時は、「メディアライブラリをエクスポートしない」にチェックを入れます。
エクスポート先は「ファイル」を選択で。(自分のパソコン)

注意
チェックを入れないと、512MB以上の容量になる可能性があります。
無料版では「mixhost」の新しいWordPressにインポートすることが出来ません
インポート完了 エクスポートが完了しました。

FileZilla(ファイルジラ)

FileZilla(ファイルジラ)の扱いに少しでも慣れておきましょう。
扱える方はこの章を飛ばしていただいても結構です。

FileZilla(ファイルジラ)とは?

FileZilla(ファイルジラ)はFTP/SFTP/FTPS対応の無料のFTPクライアントです。 FTPクライアントとは、FTPを使用してリモートサイト(転送先)にファイルを移動するためのファイル転送ソフトです。 引用元:ウィキペディア

移転の際は画像ファイルの転送などでFTPソフトを使います。
普段から扱い慣れていないと、いざと言う時大事なファイルを削除でもしてしまったら取り返しの付かないことにもなりかねません。
扱い自体は簡単なので、慣れておきましょう。
ここでも簡単に解説しますが、もっと詳しい使い方を知りたい方はこちらのサイトを参考にして下さい。
【FileZillaの使い方】WordPressでFTPソフトを使おう
Windows・Mac共インストールはこちらからどうぞ(無料です)

手順3 FileZillaでロリポップFTPにアクセス

ロリポップに接続 「ロリポップ」に接続し、 「ユーザー設定」の「アカウント情報」をクリック ロリポップの画面 設定は以下のようにします。

  • 「FileZilla」で「ファイル」➡️「サイトマネージャー」を開きます。
  • 「新しいサイト」をクリックしてサイト名を入力します。
  • ①②③を「FileZilla」の各項目に入力します。
  • 「接続」をクリックします。

手順4 WordPress関連のデータをすべてダウンロード

サーバーからダウンロード ロリポップからローカル(自分のパソコン内)にWordPress関係のファイルをダウンロードします。
このようにまるっぽダウンロードしておけばバックアップファイルとして保存しておけます。

右クリックでダウンロード ファイルを右クリックするとダウンロードの項目があるので、これをクリックします。

注意
FTPクライアントでサーバーからダウンロードするのに時間がかかります。
前もってダウンロードしておけば、時間の短縮になります。
MixHostに無料体験登録する
mixhost