【WordPress】テーマ「スワロー」で関連記事を非表示にする方法

読了時間: 約225

スワローはシンプルな機能ながら使いやすく満足しています。スマホでのスピードも高い数値をはじき出しています。書くことだけに専念できる素晴らしいテーマです。

SWALLOWはシンプルな見た目と洗練された機能美が光るWordPressテーマです。プロブロガー八木仁平監修のもと、OPENCAGEが開発したWordPressテーマ。「必要なものとは何か」を考え尽くして、無駄な機能やデザインを削ぎ落とした洗練されたWordPressテーマです。

引用元:OPEN CAGEホームページ

目的

主な目的は「Google AdSense」の広告入り関連記事を表示させるために、ダブルからです。
広告入り関連記事

これを入れたかったわけです。

関連記事を非表示にする方法

「スワロー」ではデフォルトで記事コンテンツの終わりに関連記事が表示されます。テーマ側でランダムに関連記事を抜粋してくれる機能です。非表示にするには次の作業が必要です。

親テーマから子へコピー

FTPソフトなどで「parts_singlefoot.php」ファイルを子テーマにコピーします。

親テーマから子へコピー
注意
この作業をしない場合、テーマアップデートでデフォルトに戻ってしまいます

「FTPソフト」とは?

このボタンをクリックすると、参考記事に直接ジャンプします。

子テーマの「parts_singlefoot.php」を開きます。

記述削除   

52行目〜56行目を削除して「ファイルを更新」ボタンをクリックして完了です。

MEMO
元に戻す時は子テーマの「parts_singlefoot.php」を削除すればOKです

内部記事をリンクさせるショートコード

「OPENCAGE」のテーマ「スワロー」には、内部記事を簡単にリンク作成できるショートコードがあります。(ストークも同様)

関連記事ショートコード

引用元:OPENCAGE

まとめ

私は「Show Article Map」という内部リンクがひと目で分かるプラグインを使用してから、自分で内部リンクを関連付けするようにしましたので、記事の最後についてくるこの機能は全く不要になりました。

冒頭で示した「Google AdSense」もありますし。また気が変われば、元に戻せば良いだけのことだし。使用していて思うのですが、「スワロー」は軽快でとても使いやすいテーマです。

Googleの「PageSpeed Insights」というスピード測定でも高い評価が出ます。現在このブログでは「SANGO」と言うテーマに切り替えていますが、他のブログで「スワロー」を使用しています。

カスタマイズの好きな方には少し物足りないかもしれませんが、記事を書くことに集中したい人にとってはうってつけのテーマですね。

以上、お読みいただきありがとうございました。こちらの記事も合わせてどうぞ
インデックス改善後【Show Article Map】内部リンクが可視的に分かるプラグイン
画像

画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です