「へぇ〜」「そうなんだ!」「なるほど」「あのブログなら書いてあるかも?」を目指してます

SANGOで「Gutenberg」を約2週間使ってみた感想

読了時間: 約411

Gutenberg

巷ではすこぶる評判が悪い「Gutenberg」です。
WordPressもついに大台(Version5)に乗りましたし、前回「Gutenberg」(グーテンベルグ)を使って、初めての記事を書いてみました。
『クラシックエディタ』もインストールしていますが、勉強の為あえて使わずに書きました。
しかしながらやはり不安はありましたね。
取り敢えず記事を一つしか書き終えていませんが、現時点での使い心地を感じたままで書いてみます。

私の現状とレベル

知っておいてもらったほうが話も分かりやすいんじゃないかな?


  • 2018年5月よりWordPressで1からブログを始める
  • それまでブログ経験は一切なし(現時点で89記事)Twitterでたまにつぶやく程度だった
  • WordPress 5.0.2 (SANGO Child テーマ)
  • 『クラシックエディタ』インストール済
MEMO
2019/01/10追記
4年ほど前2ヶ月間程ですが、アメブロをしていたみたいです(笑)
どうでも良い情報ですが
私のレベル
WordPressの理解度
(3.0)
HTML.CSSの理解度
(2.0)
Gutenbergの習得度
(2.0)
SANGOの理解度
(3.0)
総合評価
(2.5)

まぁこの程度だと思って読んで下さい。

現状クラシックブロックは必修

現状クラシックブロック無しで記事を書くのは無理ではないでしょうか?
ということは結局まだまだ過度期ということなのでしょうね。
何しろテーマ側の対応が追いついていません。
私は現在「SANGO」と言うテーマを使用していますが、「SANGO」に限らずほとんどのテーマが対応に苦慮しているのだと思います。
「SANGO」の中の人は精力的に動いてくれています。

SANGO進捗状況

「SANGO」の進捗状況をネットに公開している画像です。
少しずつではありますが、着実に進んでいるようです。
今後に期待しています。

メリット

  • ページ内リンクが簡単
  • 表作成が出来る
  • ボタン作成が出来る
  • 記事の全体像が分かりやすい
  • ビジュアルエディタとテキストエディタを行き来しなくてすむ
  • 項目の順序を簡単に変えられる
  • よく使うものは「再利用ブロック」に保存しておける

ページ内リンクが簡単

私も結構使う機能ですが、「Gutenberg」では標準でサポートされています。
この機能をよく使う人には便利ですね。

HTMLアンカー

例えば見出しのブロックをクリックすると、「HTMLアンカー」の欄が出てきますが、そこに「jump」とか記述すれば飛ぶ機能ですね。ちなみに「ボタン作成が出来る」見出しまで飛ばします。
ここをクリック
「ここをクリックして戻る」ボタンを押して、又ここに戻って来れます。
やり方はいたって簡単です。

リンクボタンをクリック
  • 飛ばしたい見出しの前に例えば「jump」と記述
  • リンクボタンをクリックする
  • 飛ばす側に#jumpと記述

これが「クラシックエディタ」だと、テキストモードで例えば
<div id=”jump”></div>
と指定します。

見出し3の部分に飛ばすなら
<h3 id=”jump”>ボタン作成が出来る</h3>
後は飛ばす側の設定は上と同じ要領で、#jumpと記述すれば良いのですが、id=”jump”をテキストモードで指定してやらないといけないので、少し手間です。

MEMO
ちなみに今回は、サンプルとしてidの名前を jump にしましたが、これは jump じゃなくても半角の英数字であれば何でもOKです

記事の全体像が分かりやすい

見出し一覧
  • 単語数
  • 見出し
  • 段落
  • ブロック
  • 文章の概要

これらがひと目で分かるようになりました。
しかもクリックするとジャンプ出来ます。
長文書く人には便利な機能ですね。

表作成が出来る

表作成
 AB
12/28AB1BC2
12/29AB3BC4

以前は表作成をしようと思えば、ExcelやNumbersを使ってコピペするか、プラグイン( 「TinyMCE Advanced」や「TablePress」など )を使わなければ作成出来ませんでした。
(中・上級者の方ならHTMLで直接コードを書けば可能)
ちよっとした表作成なら標準で出来るので助かります。

ボタン作成が出来る

テーマ側でも徐々に対応してきています。
簡単なボタンなら標準で作成出来るようになりました。

SANGOボタンスタイル
SANGOも一部対応中

ビジュアルエディタとテキストエディタを行き来しなくてすむ

HTMLとして編集

これも結構大きなポイントですね。
<p>タグや<br>タグがおかしくないか時々確認したりしています。

項目の順序を簡単に変えられる

動画を用意しました
この見出しを移動している様子です。
少し分かりにくいかもしれませんが、ドラッグして希望の場所付近に赤いラインが出ますので、ペーストすればOKです。

赤ライン上でペースト

よく使うものは「再利用ブロック」に保存しておける

再利用ブロックに追加

いわゆる「テンプレート」機能ですね。
出来るだけ「クラシックブロック」を使わないようにするために、結構入れてます。
今後テーマ側で対応状況が進めば、又使い方も変わってくるとは思いますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください