【Mac】で「ショートカットキー」に便利な「⌘英かな」と「ShiftIt」

読了時間: 約257

「⌘英かな」「ShiftIt」のインストール

Macで入力を簡単に切り替えたり、デスクトップのウィンドウを整列するのに便利な二つのソフトを紹介します。いずれも無料で簡単に導入できますので、ぜひ試してください。

「⌘英かな」

「英数」と「かな」を割り当てるアプリです。USキーボードをお使いの方におすすめです。左右の「command」キーにそれぞれ「英数」と「かな」を割り当てます。

単純明解なので使われていない方は是非どうぞ。ダウンロードはこちらからどうぞ。

2019年3月23日追記
「macOS Mojave」の環境ではどうやら動作が不安定です。現在はこちらのソフトに乗り換えています。こちらの記事もどうぞ。
「Karabiner-Elements 」USキーボードに「英数」「かな」を割り当てるソフト

「ShiftIt」

ウィンドウを整列させるアプリ

一覧
画面の左半分に表示
alt⬅️
画面の右半分に表示
alt➡️
画面の上半分に表示
alt⬆️
画面の下半分に表示
alt⬇️
画面全体に表示
altF
画面の中央に表示
altC

ファイルが並んだ画像
「Safari」と「Google Chrom」が綺麗に並びます。ダウンロードはこちらからどうぞ。

他にも便利な使い方

画像
「control」キーを足して押すと上図のように配置出来ます。
controlalt⬅️
画面の左上半分に表示
controlalt⬆️
画面の右上半分に表示
controlalt⬇️
画面の左下半分に表示
controlalt➡️
画面の右下半分に表示

2019年2月20日追記
「ShiftIt」はこちらからもダウンロード出来ます。ショートカットキーの初期設定が異なりますので、ご注意下さい。
GitHub – fikovnik/ShiftIt: Managing windows size and position in OSX
CHECK
2019/03/20追記
しばらく使用してみましたが、こちらのほうが安定しているようです

その他の便利技

便利技その①
矢印の挿入は「やじるし」を変換させても出来ますが、それぞれ

  • Z+Hで「←」
  • Z+Lで「→」
  •  Z+Kで「↑」
  • Z+Jで「↓」
    と変換させることが出来ます
keyboardHJKL

MEMO
この画像はアップル社様から引用したものを加工しています
便利技その②
Google日本語入力なら

  • Z+(ー)で「〜」
  • Z+( 。)で「…」
    と変換させることが出来ます

まとめ

今回はデスクトップでの画面表示の方法と切り替えにテーマを絞って紹介しました。気に入って頂ければ幸いです。以上、お読みいただきありがとうございました。こちらの記事も合わせてどうぞ
ショートカットキーアイキャッチ画像これだけは押さえておきたい26個(+2)のMacショートカットキー 「Safari」や「Chrome」で便利に使えるMacショートカットキー