iOS版【PixelMator】 iPhone・iPadで写真や画像を簡単に編集出来るアプリ

読了時間: 約320

 写真・画像編集アプリならこれ1つで十分!

写真や画像の編集と言えばPC版ではおなじみの「Photoshop」と「Illustrator」
凄く良いソフトなんですが、(使ったことないけど)金額が高くてプロやその方面関係の人以外なかなか手が出せません。
今回iPhone・iPadでかなり手軽な金額で、尚且つ機能も十分なアプリということで紹介します。
既に【Instagram】等で使っている方多いみたいですね。

金額
2018/05/10時点で¥600ですね。因みに私はキャンペーンの時¥120で購入出来ました。
勿論ユニバーサルアプリなので、お得だと思います。

ユニバーサルアプリとは?

一度支払えばiPhone・iPadの両方で使用出来ます

注意
Mac版では別途¥3,200必要です

特徴

ここに注目
  • iOSの【写真】アプリから手軽に画像を取り込める
  • 【レイヤー機能】が秀逸、写真や画像にテキスト、図形など重ねるのも容易に出来る
  • 写真加工やエフェクトを掛ける機能も十二分に備わっている
  • PSDファイルを取り込めることが出来るので、過去の資産を活かせることが出来る

PSDファイルとは?

Photoshopで作成、保存したファイルのこと

iPadでの編集画面
上の写真を加工するのに要する時間は1~2分といったところでしょうか?
私はあまり凝った物は作らないので、これでも十分なんですけどね。
大きい写真を見てもらえば分かると思うのですが、左側が【レイヤー】で各パーツが重なり合って1つの合成写真になっていると理解していただけたらと思います。

nanaをもっと可愛く撮ってよ〜

ななろー

機能の説明

それでは順を追って淡々と説明していきます。途中寝ないでください笑

「ペイントと消去」

刷毛のマークをタップ
まずは一番上の「ペイントと消去」の画面です。
「ペイント」を左から順に表示します。

鉛筆

鉛筆

クレヨン

クレヨン

フェルトペン

フェルトペン

インク

インク

ペイント

ペイント

スプレー

スプレー

水彩画

水彩画

基本

基本

指先

指先

ペイント例

実際に書いてみました。少し分かりにくいかもしれません。


次は「消去」です。
消去
消去2

「消去」の一覧です。

消去の種類

代表的なものをいくつか並べてみました。
レイヤー構造になっているので、2回タップすることによって、「カット」「コピー」「削除」「隠す」「フォーマット」を選択できます。

フォーマット1
フォーマット2
フォーマット3
「フォーマットの画面です。テキストの属性をここで選択します。

「レタッチ」

レタッチ

ここでは代表的な「修復」を選択して、実際にやってみます。

修復1

修復前の画像

修復2

指でなぞります

修復3

消えました

「歪み」

歪み

「カラーを調整」

カラーを調整

「エフェクトを追加」

エフェクトを追加

「選択」

選択ツール

ここでは「クイック選択」を選んでみます。後ろの景色を消してみます。

クイック選択1

一筆書きの要領で、犬の体の外側を一気になぞります。終われば右上の「完了」をタップします。

クイック選択2

範囲指定が出来ているので、大胆になぞります。
犬の体は保護されているので消えません。

クイック選択3

後ろの景色が消えました。

クイック選択完成

点線が消えて完成です。

「切り取り」

切り取り
アスペクトをタップすると、縦横の比率を選択することが出来ます。

「フォーマット」

フォーマット