普段の練習はどれ位のペースで走れば良い?気をつけたい2つのポイント

読了時間: 約236

平均ペースの目安

フルマラソンで【サブ4】を達成するには単純計算だと㌔平均5:40秒で走らないといけないですね。途中ドリンク補給やトイレ等のロスタイムを考慮すると出来れば㌔平均5:30秒で走りたい所です。

普段の練習でもこのペースで走らないといけないのか?

結論から言いますと、全然必要ないです

私がおすすめするペースは㌔平均【7:00】前後です。「そんな馬鹿な?(笑)」と思われるも知れませんが、至って真面目に言ってます。

普段㌔平均7:00前後でランニングしても、本番ではちゃんとサブ4ペースで走れるものなんです。但し2つだけ注意していただきたいことがあります。

体幹を意識して走る

これはどういうことかと言いますと、わかりやすく言えば、【丹田】(たんでん)の辺りを意識して走りましょうと言うことです。

丹田とは?
臍(へそ)の下あたりの場所です
何故かといいますと、ランニングは脚力だけで走るのではないのです。ここを意識することによって、自然と自分にとって理想的な前傾姿勢を保てるようになり、美しいフォームができると私は考えています。

そのためには腹筋背筋を鍛えるのことはマストですね。腹筋、背筋の力をうまく利用して走るからこそ、42.195kmの距離に耐えられるのです。

腕はしっかりと振る

よく女性同士がお喋りしながら走っている姿を見受けられますが、大体それで㌔平均【7:00】前後ぐらいだと思います。もちろん人にも依りますが。

喋りながらランニング出来るペースなら楽しいですよね。但し喋るときは横の方の顔は見ないで前を向いて走って欲しいです。横を向いて走る事に癖がついてしまうと、フォームに悪影響が及ぶ恐れがあるからです。

それはともかく腕をしっかりと振る、いや振れるということは【肩甲骨】が鍛えられているからこそなんですね。

要するにこの2点を意識してランニングするということは、同時にストレッチで体を鍛えましょうということでもあります。次回ランニングする時に一度この2点を意識して試されてみては?

nanaも毎日散歩で体鍛えてるよ〜

ななろー

雨の日のトレーニングについて

雨の日

雨の具合にもよりますが、雨の日は走るのを敬遠する人がほとんどだと思います。しかし私は平日なら走りませんが、休みの日は雨の日でも積極的に走るようにしていました。

何故かと言いますと、本番では必ず晴れるとは限らないからです。練習で雨の日にランニングすることは、必ず自分の経験値となります。
ウェアやシューズ等雨対策が普段から出来ていれば、いざ本番になっても慌てることはありません。

もちろんランニング後は風邪などを引かないよう、十分気をつけてください。

まとめ

実は私の周りでも【サブ4】達成間近で足踏みされている方に一度聞いてみたのですが、この2点を意識しながら㌔7分前後で走るのは「意外に難しい!」とのコメントでした。

そうなんです、これ意外と難しいのです。何も意識しないで走る㌔6分前後よりは遥かに難易度高いのです。きれいに、尚且つ㌔7分前後でフォームを保ちながら走るのは決して容易なことではありません。

以上、お読みいただきありがとうございました。こちらの記事も合わせてどうぞ
バリエーションアイキャッチ画像【20km走】で『バリエーション』を身に付ける