Xmasギフトはこちらからどうぞ

印象に残る『高倉健』出演映画を紹介しますPartⅢ(最終編)

(以下敬称略)

選考で悩む

意外と好評だったみたいで、Part3をお届けすることになりました笑
これが健さん映画の紹介としてはおそらく最後となります。
最後に4作品を選ぶにあたって、先ずこれが大変な作業。
残りの数多くの優秀作品から4つ選ぶというのも、結構大変でした。
最終候補に上げたのが、

最終候補
  • 八甲田山
  • 網走番外地
  • あ・うん
  • あなたへ

  • 単騎、千里を走る。
  • 海峡
  • ホタル
  • 駅 STATION
  • 夜叉
  • 網走番外地 「北海編」
  • 山口組三代目
  • 君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ
計12作品。
独断で、上位4作品の紹介をする運びとなりました。

八甲田山

公開年と主な出演者

公開:1977年
出演者
高倉健
北大路欣也
加山雄三
緒形拳
丹波哲郎
三國連太郎
ですから、41年前の映画ということになりますね。

映画の時代背景

八甲田山とは

八甲田山(はっこうださん)は、青森市の南側にそびえる複数火山の総称で日本百名山の一つ。「八甲田山」と名がついた単独峰は存在せず、18の成層火山や溶岩円頂丘で構成される火山群である。
引用元:ウィキペディア

1904年に日露戦争が勃発します。
最終的に日本が勝利しますが、日本側の犠牲も多大なるものでした。
勝利を決定づけたのは、日本海における「連合艦隊」とロシアが誇る「バルチック艦隊」との戦いでした。
東郷平八郎が当時の司令長官でした。

MEMO
当時元帥陸軍大将として満州軍総司令官を務めた大山 巌(おおやま いわお)は西郷ドン(西郷吉之助)の従兄弟(いとこ)にあたります。
大河ドラマ「西郷ドン」ではおそらく11月終わりか〜12月頃に「西南戦争」のシーンが現れると思いますが、いとこ同士が敵・味方で争うシーンが見られると思います。

少し話がそれました。
映画「八甲田山」はそんな時代背景をもとに描かれた作品です。
要はロシアとの戦いに備えて、冬の八甲田山で演習をするのですが、その時実際にあった出来事を、映画にしているわけです。

結末を先に書きますが、この演習で210名中199名が死亡しました。
こんな悲惨な出来事になった発端は、徳島大尉/中隊長(高倉健)と神田大尉/中隊長(北大路欣也)の上司である、児島大佐(丹波哲郎)と津村中佐(小林桂樹)の「どうせなら八甲田ですれ違う行軍計画にしよう」という、こんな気軽な口約束から始まったことでした。
こんなことで、若者の貴重な命が奪われていったわけです。
映画では豪雪の中、壮絶なシーンがこれでもかと言うぐらい繰り広げられます。
北大路欣也の有名なセリフですが、天は我々を見放したは当時の流行語になりました。
映画的にはW主演と言って良いのでしょうね。
健さんの演技はもちろん良かったのですが、この映画に関して言えば、私的には北大路欣也の方が演技力が勝っていると感じました。

映画「八甲田山」と「二百三高地」の比較

時代背景は同じですが、「二百三高地」は実際に日本とロシアが、中国「旅順」で戦った模様を描いた作品です。
アマゾンプライム会員の方はこちら(無料)からどうぞ
主役の乃木希典役は、仲代達矢が演じました。

タイトル名八甲田山二百三高地
公開1977年6月4日
1980年8月2日
上映時間169分185分
配給収入25億900万円18億円
配給東宝東映
主な出演者高倉健(徳島大尉)仲代達矢(乃木希典)
北大路欣也(神田大尉)三船敏郎(明治天皇)
加山雄三(倉田大尉)森繁久彌(伊藤博文)
監督 森谷司郎舛田利雄
戦争の悲惨さはもちろんのことですが、両方の映画共に命の尊さについて、深く考えさせられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です