Amazonプライムビデオで観られる 昭和生まれ(前半)10人の名俳優

読了時間: 約355

(以下敬称略)

対象
昭和元年〜昭和32年生まれの(61歳〜92歳)
(1926〜1957年)男性俳優

松田優作

松田優作 1949年9月21日
没年月日 1989年11月6日(40歳没)
文句なしの選出です。「ブラック・レイン」で魅せた演技力は、ハリウッドスターを凌駕(りょうが)していたのではないでしょうか?

TVドラマ「探偵物語」もよく観ていました。「太陽にほえろ」のジーパン刑事役とか、中村雅俊との共演ドラマなど思い出はいっぱいあります。

40歳で亡くなるなんてあまりにも早すぎますね。タラレバを言えばキリがないけど、今も生きていたら、日本の映画界がどの様に塗り替わっていたのでしょうか?

仲代達矢

仲代達矢 1932年12月13日(85歳)
無名塾主宰。塾生に後述しますが、役所広司がいます。現役で日本の主な勲章を総なめにしているのは、この方だけじゃないでしょうか?

年齢が勝新太郎と近いだけでなく、「影武者」では勝新太郎が降板した後の主役として、「武田信玄」役を演じました。映画だけでなく、演劇をもう一つの柱としてやられているのは、凄いとしか言いようがないですね。

西田敏行

西田敏行 1947年11月4日(70歳)
私の大嫌いな女優「泉ピン子」が、以前テレビで西田敏行のことを「ライバル」と言ってました。西田敏行は彼女のことを決してそうは思っていないでしょう笑

私、釣りはしませんが、「釣りバカ日誌」シリーズは大好きでよく観ていました。三國連太郎とのからみが良かったですから。NHK大河ドラマ「翔ぶが如く」では、主役の西郷隆盛役を見事に演じました。

ビートたけし

ビートたけし 1947年1月18日(71歳)
崔洋一監督作品。在日朝鮮人1世の物語。ゴミ箱のような容器から、蛆虫の付いた腐りかけのレバーをおもむろに取り出して、食べるシーンがありますが、さすがに描写が気持ち悪かったです。

日本で商売が成功して、祖国(北朝鮮)に帰国したまでは良かったのですが、最後は何もかも搾取されて、ゴザの上で死んでいくシーンが印象的でした。

コメディアンに司会、そして自身で映画も撮るし、役者としても主役を張れるなんてすごすぎでしょう。日本を代表するエンターテイナーですね。「戦場のメリークリスマス」は大好きな映画の一つです。

勝新太郎

勝新太郎
1931年11月29日
没年月日 1997年6月21日(65歳没)
まぁなんと言っても私生活でおさがわせの人だったので、中村玉緒も大変だったでしょう。これからは決して出てこないスケールのでかい俳優さんでしたね。(私生活の面もね)

座頭市も良いのですが、「悪名」シリーズのほうが正直言っておすすめ。「モートルの貞」こと田宮二郎とのコンビが最高です。

少しうろ覚えですが、清次の決まり文句に「梅にウグイス・松に鶴・朝吉と言えば清次やで」ってこんな感じやったかな?好きでしたこのセリフ笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です