Zwilling(ツヴィリング)コルク抜きの使い心地よさと言ったら半端ない!

読了時間: 約248

30年以上前の代物

私と嫁はアルコール大好き人間で、毎日夕食でビールは元より時々日本酒・ウィスキー・焼酎・ワインと何でもござれです(笑)
で、去年実家へ帰った時の話。

コルク抜き良かったら持って帰るか?

母親

管理人

おおきに、遠慮なく貰っとくわ

これがその「コルク抜き」ヘンケル製です。
英語でコルク抜きのことを「corkscrew」と言うんだそうです。

Zwilling  コルク抜き
GERMANYの刻印入り
刻印にちゃんと「GERMANY」と刻まれている
中に入ってた取説
中に入ってた取説

母親曰く購入してもう30年以上なるらしいけど、一度も使ったことがないらしい。
私が独身の時そんなこと知らんかったけど。
それより使わんのやったら買うなよ…って話(笑)

実際に使ってみた

30年以上使っていないけど、錆びてもいないし(そもそもメッキやし)見た目新品同様。流石に箱と取説は使っていないとは言え、経年劣化あり。
これは致し方なしかな?
で、実際に使ってみました。

ふるさと納税返礼品でお試し

アルプス ミュゼドゥヴァン 松本平ブラッククイーン

今回ふるさと納税の返礼品として頂いた、
長野県松本平産ブラッククイーン100%使用
「アルプス ミュゼドゥヴァン 松本平ブラッククイーン」 で使用してみることに。
こちらの記事も合わせてどうぞ
アイキャッチ画像 年末ギリギリに初めてふるさと納税をしてみました

ワインを開けているところ
パジャマ姿ですみません(笑)

写真のトリセツどうりにやってみます。
これは使いやすい。金属の輝きが美しいこと。
今まで使っていたコルク抜きとは全然違う!
力を入れなくても、回していくだけで簡単に開栓できる。
関係ないだろうけど、ワインもより美味しく感じるような…笑
今までのコルク抜きは何だったんだろう?
(ワインの味については又別の機会にでも…)

コルク栓抜き
引用元:Amazon
因みに今までこういうタイプを使っていた。
作業性が全然違います。

通ではないがワイン好き

余談ですが…私はワイン通ではありません。。何故ならふだん飲むのは生協で売ってる千円前後のワイン(笑)
只々飲むのが好きなだけです。
年に1度ボジョレーヌーボーも飲むには飲むけど、あれはさほど美味しく感じません。
フルーティーに感じるからかな?
どちらかと言えば、最近良く出回っている「チリ」産の様にガツッと来るような味のほうが、好みなんですがね。
通が語るような1本数千円〜数万円するようなワインなんて一度も飲んだことがない。(一度飲んでみたいけど)

一時期ワインを飲むたびに、iPhoneで写真を撮っていたことがあって、下の写真がそう。
結構な本数だけど、裏表で写しているので実際の本数はこの半分です。

ワインギャラリー1
ワインギャラリー2
ワインギャラリー3
ワインギャラリー4
注意
日本酒のボトルも中に混ざっています(笑)

まとめ

良いものは時間が経っても関係ないですね。
今までコルクを抜くのは結構苦痛な作業だったけど、これのおかげで楽しみのある作業になりました。
Amazonでも売っているとは知らなかったけど、興味のある方は是非どうぞ。
自信を持っておすすめします。
以上、お読みいただきありがとうございました。