プロが教える エアコンの上手な使い方とお手入れの仕方について

読了時間: 約66

元電気工事従事者の管理人です。
私はエアコン専門業者ではありませんが、過去に100台以上エアコン取り付け・修理・ガス補充をしてきた経験を踏まえて、色々とアドバイスをさせて頂きます。
現場経験している分、量販店のスタッフよりもはるかに生きた知識を持っていると自負しています。
エアコンシリーズ第3段目となりました。
前回の記事です。
エアコンアイキャッチ画像プロが教える ルームエアコンの上手な購入方法 今回は上手なエアコンの使い方と、お手入れについて記事にしてみました。

上手なエアコンの使い方とは

空気の入れ替え

エアコンの電源を入れる前に、一度窓やドアを全開にして空気を入れ替えておきます。
部屋の熱気をいったん外に逃がしてから、電源を入れましょう。
はじめは扇風機を併用し、一気に冷やしてから部屋が冷えた頃を見計らってエコモードにしましょう。
エコモードボタンの画像
エコモードボタンがない場合、温度は26〜28度で風量・風向きはお好みの設定で。

エアコンのつけっぱなし

設定温度にもよりますが、大丈夫です。
電気代もスイッチをこまめにON/OFFするより安く付く場合が多いです。
起動電力と言って、ある一定の温度に到達するまでのパワー部分で電気代がかなりかかります。
設定温度に到達すれば、後は維持するだけなので、さほど電気代はかからない仕組みになっています。
ただ個人的な考えとして、1〜2ヶ月入れっぱなしにするというのは機械(特に室外機)に負担を強いることになるので、せめて1週間に一度ぐらいは少し涼しい朝や夜があればOFFにして、エアコンを休ませてあげたほうが良いと考えます。(夏の場合)

送風運転

暑い時期が過ぎて、冷房はもう使わないという時は、半日間送風運転を行います。
内部にカビが繁殖するのを抑えるためです。
後は暖房を使う季節まで、たまに室内機のパネルを開けて異常がないか、目視点検だけで良いです。
室外機に関しては、掃除をし終えたら暖房を使用する時まで保護カバーなどで養生しておきましょう。

室内機のお手入れ方法

注意
お手入れする時は必ず電源を切ってから行って下さい。感電の恐れがあります
最近のエアコンは自動クリーニング機能が標準装備される機種が増えてきました。
しかしフィルターが汚れていないか時々点検して、汚れていれば掃除をする必要があります。

フィルターのお手入れ方法

前面パネルの両側に指をかけて、パネルが止まる位置まで開けます。
決して無理に力をかけて開けないで下さい。破損する恐れがあります。
エアコン前面パネルの指を掛ける場所

手順1
掃除機でホコリを吸います
フィルターの表面は柔らかいので、無理に吸い込まないようにして下さい。
取り外しの際は、ゆっくりと慎重に。
ゴミやホコリが奥に行かないようにするためです。
フィルターを掃除機で吸っている
手順2
汚れがひどい場合
汚れがひどい場合は、中性洗剤を入れたぬるま湯にしばらく浸しておきます
フィルターをぬるま湯につけている所
手順3
乾燥させる
やわらかいスポンジなどで、掃除機をかけた面の逆側から汚れを取り除いていきます(目詰まりを防ぐため)
汚れが取れたら、日の当たらないところでしばらく乾燥させます。
しっかりと乾燥させる!これ大事なポイントです
フィルターを乾燥させている所
手順4
フィルターを元通りに取り付けます
掃除したフィルターを取り付けた画像
手順5
送風運転
その後最低1時間は送風運転を行って下さい。

室外機のお手入れ方法

室内機はまめに手入れしても、室外機は気になさらない方が意外と多いです。
室内機ほど手をかける必要はありませんが、時々点検して下さい。
室外機の後ろ部分(フィン)にゴミなどが詰まっていないか確認します。
フィンを掃除機で掃除している所
ゴミを掃除機で吸い取っているところです。
フィンを雑巾で拭いている所
後はよく絞った雑巾で表面をフィンの目にそってやさしく拭きます。
表面のファンの中にゴミが侵入していないか目視確認もして下さい。

室外機と周辺のメンテナンス

主にチェックしてほしいポイント

室外機と壁からの距離室外機と奥の壁の距離

① サイドと奥の壁から最低15センチ離す

排熱が上手く出来るように最低15センチは離して下さい。
私、奥行きは20センチ以上離してます。
掃除をしやすくするためです。
マキタコードレス掃除機
室外機の裏や、車内掃除に重宝しているのがこれ
軽くてパワフルです。
時々業務用にも使っていました。今は車内清掃で大活躍しています笑
軽量で場所を取らないから、車の後ろに置きっぱなしです。
電池だけは複数個持っていたほうが便利ですね。
マキタの製品は少し高価ですが、性能が良いので職人さんも好んで使います。

ドレンホースの処理

髪取りネットの取り付け

ドレンホースの先に髪取りネットを付ける。(室内機の害虫侵入防止)
エアコンを購入した時はすぐ取りつけるようにしましょう。
害虫がドレンホースから侵入して、室内機が故障するケースは意外と多いですよ。
これだと費用もかかりません。

注意
後付すると、もし虫がホースの中にいれば、逆に虫が出なくなるのでご注意ください笑
インシュロック(ケーブルをたばねる材料)は100均で調達できます。
工事の時に余ったケーブルを巻き付けているのは、風でドレンの位置が変わらないようにするためです。
昔エアコン業者さんがやっているのを見て、それから私もまねをするようにしました笑

③パテ処理

化粧パネルパテ処理

既存の化粧ダクトにコーキングやパテ処理をする。
これも害虫侵入を防ぐためです。
指でしっかりと隙間を埋めるようにしてパテ処理します。

④直射日光

室外機に直射日光が直接当たらないような工夫をする。
室外機の上に重いものを載せたり、前面すぐ近くに排気熱をさえぎるようなものを置かないようにしてください。
簾(すだれ)や葦簀(よしず)は大いに活用して下さい。(これは説明いらないですね)
こういう商品もあります。実際に2つとも取り付けをした経験がありますが、いたって簡単です。
取説の通り施工すれば、特に問題はありません。
2つともお客様から喜ばれた商品です。

直射日光が当たらないようにするだけで、冷房能力が落ちにくくなります。

⑤空間の有効利用
2段置きにする際は、あらかじめ室外機のサイズをはかってから購入しましょう。
後、レベル(水平になっているか)に気をつけてください。
地震の時、上の室外機が落下しないように、念のため落下防止金具を取り付ければベストですね。

まとめ

室内機のお手入れ方法をくわしく解説するホームページは多いですが、室外機に関しては少ないですね。
今回は私自身が長年実践していることを元に解説しました。
エアコンを上手に使い、定期的にお手入れをすることによって、電気代の節約に加え、エアコンを長持ちさせることができます。
10年前に比べて、メーカーの省エネ技術はかなり進歩しています。
今使っているエアコンが10年以上でしたら、思い切って買いかえるのも良いかもしれませんね。
自動車なら6ヶ月・1年点検でディーラーが面倒を見てくれますが、エアコンの場合そうもいきません。
暑い時・寒い時に突然エアコンが故障して困らないためにも、日頃からエアコンのメンテナンスをしっかりとして下さい。
今回の画像は去年購入した我が家で使用中のダイキンエアコンです。
機能的で、温度・湿度もしっかりとコントロールしてくれるエアコンです。
(もちろん自動クリーニング機能・空気清浄機能やウリである加湿機能もついています)
ぜひ購入リストに入れて下さい。

こちらの記事も合わせてどうぞ
エアコンアイキャッチ画像プロが教える ルームエアコンの上手な購入方法 以上、お読みいただきありがとうございました。