Xmasギフトはこちらからどうぞ

『無音声入力機能』がいつの日か実現すれば良いなーと言う妄想話

弔意
今朝の地震かなり揺れましたが、ご逝去された方に心からお悔やみ申し上げます

音声入力機能

音声入力機能はもはや当たり前の機能になった。
便利なので私も最近キーボード入力やフリック入力と併用して使用しているが、かなり音声入力の比重が高くなって来ている。理由は簡単、手が疲れないから。
私はパソコンを20年以上使用しているが未だにキーボードの入力が心もとない。最初にちゃんと「ブラインドタッチ」の練習していなかったから。とにかく未だによく間違える。笑
スマホのフリック入力にしてみても若い子に比べたらとんでもなく遅い 。
しかし音声入力なら若い人と遜色なくやれる筈(滑舌悪いけど、認識率高いよー)

したがって自宅でパソコン開いている時は約7割方音声入力。昼間は愛犬しかいないから別に何も恥ずかしくないし。

 最近のブログ作成

とは言うものの、まだ「ブログ」始めて1ヶ月ちょいの初心者ですが(; ^ω^)

Macパソコンで「Googleドキュメント」を開き、『command+shift+S』で音声入力を開始して文章作成し、それをコピーする。この「Google音声入力」が秀逸なんだよね。

Googleドキュメントで音声入力の設定方法

➡「Ulysses」に送り編集(見出しや文章をあらかた整える)

➡「Safari」で【WordPress】を開き、最終的に記事を装飾して整える。

➡「プレビュー」で最終確認

➡よければ投稿

こう言う手順で作成する様になった。つまり細かな手直し以外、殆ど「キーボード」を使わなくなってしまった。
と言うより使う必要がなくなった。
iPhoneでは流石に画面が小さいので全て完結させると言うわけにはいかないだろう。と言うか私のレベルじゃ到底無理。
しかし、猛者の方ならやれるだろうなー。まぁ方法はいくらあっても良いじゃないですか?各自がやりやすい方法で出来れば。

無音声入力機能

Back to the Future 2タイトル画像

引用元:denofgeek.comより

たまにはこう言う妄想をしてみる。
私は近い将来 『無音声入力機能』というものが出来てももおかしくないと思うのだ。
いや、ひょっとしたら私が知らないだけで既に何処かが開発してるのかもしれない。
要するに声を出さなくても口を動かすだけで入力出来る機能
これなら人前でマスクをしていれば別に恥ずかしくはない。
電車内やカフェでもOK。もちろん周りに人がいなければ普通に音声入力でも構わない。
そんな機能出来るわけないと思うかもしれないが人類は今まで色んなものを発明、開発してきたからね。
出来ないと思う方がむしろおかしい。昔の人は鉄の塊が空を飛ぶなんて誰が予想しただろう?
『Back to the Future 2』で2015年に出たものはほとんど実現できている。(多分空飛ぶ自動車以外は)
これがもし実現できれば声を出したくても出せない人にも相当便利になるのではないか?
もちろん一般の方でも歓迎する人は多いと思うけどなー。
以上、お読みいただきありがとうございました。