Xmasギフトはこちらからどうぞ

【Mac】おすすめの「ショートカットキー」と「Mission Control」の便利な使い方を紹介します

「英数かな」「ShiftIt」のインストール

私【Mac】歴だけは10年と長いですが、そんなに大した技量は持ち合わせておりません笑
そんなごく普通に「おっさん」の私が試行錯誤してたどり着いたオススメのキーボード「ショートカット」を今回紹介します。
今回新たに「iMac」を購入しましたが、マウスはあえて購入しませんでした。
理由は…
トラックパッドがあれば「Mac」にマウスは必要無いからです。
勿論精密な絵を描いたりする人などにはまだまだ必要なのでしょうが。
「トラックパッド」と「英数かな」「ShiftIt」この2つのフリーアプリを使うという前提で話しを進めます。
アプリの使い方は極めて単純明快です。
導入すればすぐに使用できます。

「英数かな」

「英数」と「かな」を割り当てるアプリです。
USキーボードをお使いの方におすすめです。
左右の「command」キーにそれぞれ「英数」と「かな」を割り当てます。
単純明解なので使われていない方は是非どうぞ。
ダウンロードは こちらからどうぞ。

「ShiftIt」

ウィンドウを整列させるアプリ

一覧
画面の左半分に表示
alt⬅️

画面の右半分に表示
alt➡️

画面の上半分に表示
alt⬆️

画面の下半分に表示
alt⬇️

画面全体に表示
altF

画面の中央に表示
altC

ファイルが並んだ画像

「Safari」と「Google Chrom」が綺麗に並びます。
ダウンロードはこちらからどうぞ。

補足

「control」キーを足して押すと上図のように配置出来ます。

controlalt⬅️
画面の左上半分に表示
controlalt⬆️
画面の右上半分に表示
controlalt⬇️
画面の左下半分に表示
controlalt➡️
画面の右下半分に表示

便利技その1
矢印の挿入は「やじるし」を変換させても出来ますが、それぞれ

  • Z+Hで「←」
  • Z+Lで「→」
  •  Z+Kで「↑」
  • Z+Jで「↓」
    と変換させることが出来ます

keyboardHJKL

この画像はアップル社様から引用したものを加工しています

便利技その2
Google日本語入力なら

  • Z+(ー)で「〜」
  • Z+( 。)で「…」
    と変換させることが出来ます

 Mission Control

キーの割り当て

注意
これはあくまで私独自の設定方法ですので、ご了承下さい

あらかじめデスクトップでソフトの割り当て先の設定をしておきます。

割当先の表示
例えば「デスクトップ1」に割り当てる場合

  • アイコンを右クリック
  • オプションをクリック
  • デスクトップ1にクリック
デスクトップを素早く切り替えるためにキーを割り当てて行きます。

キーの割り当て方

キーの割り当て方は下の写真をご覧下さい

ショートカットキーの設定
  • 「システム環境設定」を開く
  • 「キーボード」をクリック
  • 「ショートカット」をクリック
  • 「Mission Control」をクリック

ショートカットキーを変更するには、ショートカットを選択し、キーコンビネーションをクリックしてから、新しいキーを押して下さい

キーの割り当て
control1
デスクトップ1へ切り替え
control2
デスクトップ2へ切り替え
control3
デスクトップ3へ切り替え
control4
デスクトップ4へ切り替え
各デスクトップに3つ計12個のソフトを設定しますが、それ以上設定したい場合は新たに「デスクトップ5」を作ったりして下さい。
私はこれ以上のソフトを起動する場合、「デスクトップ4」に一次的に起動させ、用がなくなれば終了させます。
これ以上デスクトップを作って頭を混乱させたくないと言うのは表向きの理由で、実はこれ以上覚える気がないからです笑
それと片手で操作出来る限界が「^4」までという理由もありますが。(両手使えよって言う話)

 「ホットコーナー」の割り当て

ホットコーナーの割り当て
「システム環境設定」
➡️ 「Mission Control」
➡️「ホットコーナー」をタップして下さい。
これを各ファンクションキーに割り当てます

F9からF12に割り当て

何故F9〜F12に設定したかと言いますと、単純に「ファンクションキー」の後ろから設定した方が分かりやすいからです。
私はずっと以前に設定して指が勝手に動くので、今更変えられません。
お好みのキー設定をしていただいたらと思います。
しかしこのままではコンフリクト(衝突)しますので、回避します。
回避方法

「システム環境設定」➡️「キーボード」でチェックを入れます。
キー操作方法

「アクセシビリティ」の設定

老眼進行形の私にとって(笑)「アクセシビリティ」の設定はとても重要で避けて通れません。
まずは「システム環境設定」➡️「アクセシビリティ」をタップします。
アクセシビリティの設定

次に「ズーム機能」をタップします。

ここに注目して下さい。
ズーム機能の設定

「control」キーと「トラックパッド」を2本指で上にスワイプすると

ズーム機能の表示

拡大鏡が現れ、小さい文字が読めるようになります。

さらに「オプション」をタップすると
オプションの設定

お好みの設定をしていただけたらと思います。
11番目として
「拡大鏡」設定方法の紹介でした。

まとめ

今回はデスクトップでの画面表示の方法と切り替え・拡大にテーマを絞って紹介しました。
気に入って頂ければ幸いです。
以上、お読みいただきありがとうございました。
こちらの記事も合わせてどうぞ
ショートカットキーアイキャッチ画像これだけは押さえておきたい26個のMacショートカットキー【基本編】 これだけは押さえておきたいMacのショートカットキー【ブラウザ編】