愛犬が体をかくようになったら! ノミ駆除の話

読了時間: 約439

管理人です。愛犬がしきりに体を掻くようになったら、ノミ・ダニを疑いましょう。櫛(くし)でといて、ちっちゃな黒いごまのようなものが見つかれば、まず間違いないです。

一刻も早く病院で診てもらって下さい。今回は無知な飼い主(私と嫁)がノミ駆除に奔走した話を嫁の寄稿でお送りします。

Written by 『Aniko』


様子が変

やっと暑い夏が過ぎて過ごしやすい季節になりました。『なな』は長毛種です。毛の隙間はあるものの、2回目の夏にしては結構キツかったと思います。

1回目はペットショップでクーラーの効く中だったけど、どんな環境で過ごしたのかはよくわかりません。

もともとご飯を食べるペースと頻度はまちまちで食べなくても次の食事で食べたり、私たちもだんだんそれに慣れてきてました。
先週くらいから1日1〜2食で、それでもおやつは喜んで食べてました。

アニコ

これはもう甘やかし過ぎかなぁー
なんて思っていました。

2回目の連休あたりからお尻をカーペットにつけてお座り姿勢で前にいざる(移動する)行動が目に付きだし、いつもより耳の後ろに加えて体幹を掻くようになりました。

ノミダニのクスリは8月までは首の後ろに付けていましたが、『なな』が痒いのか気にするのと毛が束になり自慢(親バカですが)の艶髪がバサバサになるのが嫌で9月はクスリをスキップしてました。

日に日にお腹やお股を噛んだり舐めたりが増え、久々のマウントか?とそれほど気にしなかったのです。

ノミ駆除に乗り出す

そうこうしていると、私の上司の可愛い『チャコちゃん』(8歳)からノミが発見されたというニュース。上司は『チャコちゃん』のお腹に黒い物体と皮膚の変化を見て夜遅くにシャンプーをしたと教えてくれました。

アニコ

‥つながりました!

家に帰って、早速『なな』のお腹をチェック。太ももの内側に黒ゴマを覚知しました⤵️見えたのは私だけだったのですが、触ろうとしたら見えなくなったからもう疑いは確信に変わりました!

潰すのがルールのようですが、すばしこくもう見つけることはできませんでした。

次の日、上司と報告会です。やはりノミが悪さをしていたようです。首の後ろにつける薬と皮膚炎になっていたようで、そのお薬を処方されたとのこと。いよいよ『なな』をどうするか‥迷うことはありません。

アニコ

駆除に乗り出さねば!!
どうやら今年は猛暑のあまりノミも出るタイミングがなく、本来ならば梅雨から初夏が旬らしいのですが、時期が今になったとのこと。

動物病院にも同症状のワンちゃん達が受診をしているようです。(上司の『チャコちゃん』のかかりつけ曰く)地球温暖化はここまで影響するか!?

どうこう言ってても痒いのよー

ななろー

投薬

早速『なな』のかかりつけに電話し、薬をもらえるか相談。快く対応していただきました。

どうやらノミダニのクスリは内服と皮膚滴下タイプがあるようです。皮膚滴下は痒がったり舐めたりが嫌なら内服が良いよう。

内服は合わなかったり吐いたりすることがあるので、そのワンちゃんによって考える必要があるらしい。『なな』は結構雑食なのと、9月の滴下をしなかった理由がある。

金額は同じくらいで効用も同じと聞けば『なな』には内服!

上司の『チャコちゃん』は滴下で翌日には随分ラクになった様子。7歳にしてはじめてのノミ罹患だったとのこと。今年の異常が伺える。

期待を込めて購入後すぐに食べさせる。小豆大の茶色いクスリ。食品以外のものを口に入れるのは抵抗があるけど、この場合は別。吐かずに食べてくれ安心してご褒美のビスケットもあげた。

眠っているなな

薬を飲んでようやく落ち着いてきた『なな』

効能書きには3時間後の死滅率はほぼ100%とのこと。待つようにしてきっちり3時間後にブラッシングをした。

アニコ

唖然(あぜん)!

黒い物体がカーペットの上に散乱して、中には大きいゴマ大のものもあった。一通りブラッシングしてから主人が丁寧に掃除機をかけた。かみかみガムを食べさせながらなら、『なな』は素直にブラッシングな応じてくれた。

今までおやつで釣ったり2人がかりでブラッシングしてたから、つい遠のいていたけど。

反省

気がついたのは今週に入ってから、それも上司の話をきっかけに。主人と2人でほっと胸をなでおろすと同時に、無責任な親として反省するしかない。食べなかったのもそれが原因だったかもしれない。

いつもと違うことに気付ける位置にいるのにね。2人で一生懸命してきたつもりだけど、どこか自分本位になっていたんじゃないかな。物差しは常に自分で、もっと学んでおけば『なな』のことを守れたかもしれないと思った。

『なな』は話せないのに伝えられないのに。いまだにどのタイミングから辛かったのかはわかりません。少しのサインを見逃していたのだと思います。新米の親には仕方ないって言葉をかけてくれるけど、もっと知らなあかんと思いました。

それが親になる責任です。ワクチンのことも食事のことも。(これは時間かかるなぁ)
シンパリカ10

内服薬は1ヶ月はもつそうです。毎月、ずっと飲ませないといけない。ワクチンも飼い主次第。自分ちのことだけでなくお散歩で会うワンちゃんのお友達のためにもちゃんとしないといけないと思う。

貰ったノミかもしれないけど、『なな』も誰かに迷惑をかけたかもしれない。治るまではお散歩コースも変えないといけないと思って、違う道を選んでいます。

重い責任

改めて重い責任を感じます。『なな』を飼い始めた時に思った想い。

内服した日の夜の『なな』は久しぶりにゆっくり眠れているように思った。掻くことも激減。今日のブラッシングでは黒ゴマは数個のみ。明日はシャンプーをする予定です。

あまりしすぎてもいけないかもしれないけど、まだ掻く事があるので死骸も取り除いておいてあげたい。

‥さっき、また掻いたり側腹部を噛むからよく見てみると噛まれた跡がある。これが掻く理由だったのね。

『なな』に会えて私たちの生活はかなり潤いました。『なな』はどうやろ?

アニコ

まだまだの親やけど呆れずよろしくね

それにしても憎っくきはノミやで!


以上、お読みいただきありがとうございましたこちらの記事も合わせてどうぞ
シンパリカ10アイキャッチ画像愛犬が体をかくようになったら! ノミ駆除の話PartⅡ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です