Xmasギフトはこちらからどうぞ

避妊オペ ビフォーアフター

Written by 『Aniko』


『ななロー』は女の子
いつかはくるその日
病院の先生からも乳ガンの発生率などの話を聞き、人間と比較にならないコトにおどろく
そして避妊オペを決断した

せっかく女の子に生まれたんやから、とかいう意見もあるが、この子が子孫を残す確率はほぼ無く(私達がそういう職業でないから)、むしろ1日でも長く一緒にいたいと思っている

決戦は土曜日
病院に予約を入れ段取りを聞く
『ロリオ』さんはメモを取るほどの周到さ
『ななロー』!少しは大人しくなるかな?
(イヤイヤ去勢じゃないし)

で、例のヒートが来た!
『オムツ』が「ある時?」と「ない時?」

1週間で終わると思いきや1ヶ月レベル
子宮も腫れてるから傷が大きくなるらしい、そしてキケンとも言われ延期
1ヶ月近くヒートと格闘

ある時ない時の体験を経て、いよいよオペ前日
明日は絶食だから美味しいもんを食べさせてあげたい‼(親心)
マグロや鯛を蒸して提供

‥食べない

何か感じたのか?
(最後の晩餐的な‥)

それまでも『ななロー』はとにかく食が細く、フードなんか「フン!」という感じで相手にもせず
ネットを検索して。野生やから温かいものが良いとか肉が良いとか、レシピを見て作ったりもした
最終的には鳥の胸肉を炊いて温めたスープとともに提供すると
どうにか食べるようになってきた矢先のオペ

食いつきの良かったタイやマグロにはもう目もくれず、

当然

フードなんかフン!

ななろー

明日の朝も食べられないよ〜

アニコ


オペ当日
絶食を守り病院へ向かう
むしろ私達の方がドキドキ
はーいななちゃんですねーお預かりしまーす

受付のお姉さん

といつもの受付のお姉さんの応対

一般的だと思うが昼までに預けて夕方迎えに行くパターン
思ったよりおとなしい『ななロー』

一旦帰宅して久しぶりの夫婦水入らず‥
なーんにもすることがない
会話はもちろんほぼ『ななろー』のこと
長い6時間を過ごす

いざお迎えの時
2人ともドキドキ
『ななロー』はどうなっているのか、お腹に貼ったテープはキープできるかな
晩御飯は食べられるかな‥(それはないやろ!と思うのですが)、
『ロリオ』さんは水とオヤツを持って行くと言って聞かず持参

受付で名前を言い待つ
長い

たいした時間でもないんだろうけど長く感じる
〇〇ななさーん
と呼ばれる
診察室に入り『ななろー』と対面
先生から経過の説明を受け、お腹のテープを見る…


思ったよりキズは胸に近いところにあり、思ったより小さかった(安心)

『ななロー』は1人で闘った雰囲気を醸し出すが、まだボーッとしてて反応も鈍い

連れて帰ったところで、当然晩ご飯は無し
水分はOKとのこと
麻酔の後なんで口が渇くと思い水を飲ませる
むさぼりつくように飲む『ななロー』

安心するやら、なにやら悲しくもなる
なにもわからないままに流れに任せるしかない『ななロー』の気持ちを、2人で感じる

結局、水を2回飲んだ後、2回吐いてしまった
なんでこんな事になっているのか、きっとまだわからないんだろうな
朦朧として時間が経つのを待った

話せないことが、『ななロー』には不思議じゃないんだろうけど、伝えられないコトに胸が痛い

その晩はぐったり寝る『ななロー』に添い寝した
夜中に急にリビングを徘徊し始める
目的もなくさまよう感じ

『ななロー』がいない間に、実はリビングのレイアウトを変えていた
『ななロー』が気に入って寝ていたソファーを動かして広く遊べる場所を作ったのだ

『ななロー』の夜中の徘徊は、落ち着く、今まで(の場所)を、探していたのかも知れないと思う

翌朝、調子は悪くなさそうだった
散歩は○○ちの関係上、いつも通り出かける
やはりしんどそう
途中で引き返す事にした

なかなかわかってあげられなくてゴメンね

‥以前から、ではあるが、体に何か着くと「ある時」になる
今回はお腹のテープだったらしい

テープが外れたら貼り直してね、との主治医の指示
オペ翌日には噛み取る
代わりに市販の絆創膏を貼るが、舐め回してズレてお尻の毛にくっつく始末

「ある時」にシフト、していた!

夫婦2人で格闘の末、絆創膏を剥ぎ取ったら、一瞬で「ない時」に変貌
さっきまでの『ななロー』はどこに行った?レベルで元気になる
術後1日目の元気のない散歩も「ある時」だったんか

ダマサレタ!

アニコ

『ななロー』は日に日に回復して通常の生活に戻った
傷の治りも順調で、抗生剤も鶏肉にはさみ込みクリアできた(これは『ロリオ』さんの頑張り!)

‥『ななロー』は病院のオペ室に理性を置いてきたらしい
そして、満腹中枢も破壊してもらったようだ
オペ後、鳥もスープも全く不要になり、フードを貪り食う変貌ぶり
冷蔵庫の鶏がらスープは使い先を失った
(業務スーパーで大きいのんを買ったのに‥)

『ななロー』はプロレスラーのごとく、十代の育ち盛りの青年のごとく食べるようになった
毎食、「お母ちゃん、お代わり」が聞こえてくるよう
あかんのは、私達が食べているものも取り憑かれたように要求して食べる

食べられないと吠える
コイコイする
とにかく食べる
避妊オペの後は太るとは聞いていたが、
このままではヤバイのでは?と感じる
毎日の散歩でかろうじて回避しているが、この状態がいつまで続くか
『ななロー』の食欲が減退するが先か、『ロリオ』の膝がやられるが先か
もはや誰もわからないと思う
以上、お読みいただきありがとうございました。
こちらの記事も合わせてどうぞ
2度目のドッグラン(マブダチだいごろうと共に)