Xmasギフトはこちらからどうぞ

「ショート・ショート」だけじゃない 星新一おすすめ2作品

星新一との出会い

ネットで「星新一 ショートショート」で検索すれば、『おすすめ〇〇選』といった感じでたくさん出てきます。

私が今回星新一のことを記事にしたいと考えたのは、「ショート・ショート」作品ではなく、心に残る2作品を紹介したかったからです。
星新一との出会いは私が中学2年生の時だから、かれこれ46〜7年前のことになります。
当時国語の先生が「これ面白いから読んでみたら?」と紹介してくれたのが 代表作とも言える「ボッコちゃん
発刊されてすぐの時だったと思う。
おーい でてこい」(1958年)は傑作中の傑作ですね。
未来を予見していたような作品であまりにも有名です。

ある日突然出来た深い底なしの穴に、生産することだけ考えていて、その後始末は誰も考えていなかった人間たちは、これ幸いとばかりに都会のゴミや工場の排水や放射性廃棄物など、物を生産することで発生した不用なものをどんどん捨てていく(公害、生態系の破壊、大量消費社会)
引用元:ウィキペディア

以来すっかり星新一にハマりました。
でも先生には本当に感謝しています。
この先生のおかげで読書好きになったので。
そして比較的多感なこの時期にこんな面白い作品を書く作家を紹介していただいて。
主だったところは全て購入して読みましたが、残念ながら何故か手元には5〜6冊残っているだけ。
老眼なので再読するなら電子書籍で再購入しようと考えてます。

気まぐれ星のメモ

何十冊も読んだ中で、記憶に残る1冊と言えば何と言ってもこの本

気まぐれ星のメモアイキャッチ画像

引用元:Amazon

この本はエッセイです。

私が気に入っているいくつか面白いエピソードを紹介します。

受験の時戦時中だったので、英語が受験科目から外れると思い他の科目を集中的に勉強し、予想通り英語が試験科目から外れて合格したものの、そのせいで後年英語で非常に苦労した

ちなみに東京大学農学部農芸化学科を卒業しています。


父親は星製薬という会社を経営していたが、星新一は一時この会社を継いで、傾きかけていた会社を立派にに潰した笑

実話です。
確か「星製薬」は上場企業だった筈。
父上が急死したので仕方なく会社を継いだと振り返っているが、本人曰く筆舌しがたい「数年間」だったらしい。
本人しか分からない苦しみだろうな、こう言うことは…


楽に作品を書けたのは最初の数作品で、後は全て非常に苦労して書いた

コレに関しては自分なりのおまじないと言うか、儀式のようなことをしてその後アイデアが湧いてくる話だったと思うが、肝心なところは「企業秘密」でした笑
「ショート・ショート」作品だから簡単に書けると思われるのが、本人相当悔しかったに違いない。
たしかそんな怒りをぶつけるようなことも書いていたと思う。


性描写・暴力行為の描写をしない
固有名詞・固有人称を使わない

いくつかの制約を自らにかけていました。
SFの話が多かったのでいつの時代か分からないように、気を配っていたことが分かります。
主人公の名称で多いのが「エヌ氏」とか「エフ氏」
もうこれだけで星新一ワールド満載でした。


他にも「日本沈没」の著者である小松左京氏を始めとする作家仲間と深夜にいつも決まったピザレストランで、朝までくだらない話にみんなと熱中して語り合ったことなど盛り沢山だったけど、かなり忘れてしまったなー
星新一イズムが凝縮されていて、素晴らしいエッセイなんですけどね。
星新一の本は何冊か読んだけど、まだこの本を読まれていないと言う方にはぜひ一度読んでもらいたいですね。

人民は弱し 官吏は強し

もう一つの作品ですが、父親のことを主に書いた長編があります。

『人民は弱し 官吏は強し』です。

人民は弱官吏は強し

引用元:Amazon

父親(星一)が事業を拡大していく中で、官僚に目の敵にされるのですが、そのことを元に書いた本です。
星新一もこのことがよほど腹に据えかねていたのか、エッセイの中でも官僚に対する怒りをぶつけていました。
この本を読めば日本と言う国はいつまで経っても「規制緩和」の出来ない官僚に牛耳られている国だということがよく分かります。

まとめ

「ショート・ショート」の神様の本を紹介するのに、どちらもそうではない2作品を紹介しました。
老眼が進行しても、電子書籍で気軽に本を読める時代になって助かります。
以上、お読みいただきありがとうございました。